HOME > 企業情報 > コマ大戦協賛

コマ大戦協賛

全日本製造業コマ大戦 大のおとなが小さなコマに自社の魂を、技術を込め激突

コマ大戦とは、全国の中小製造業が自社の誇りを賭けて作成したコマを持ち寄り、土俵の上で一対一で戦います。こうしてトーナメントを勝ち上がり、見事優勝したチームは、その大会の出場コマを「総取り」できます。
コマ大戦公式戦にて使用されるケンカゴマは直径20.0mm以下、全長60.0mm以内。この小さなコマを、製造業に携わるプロが本気で設計し、プロの機械を使用して自社の持てる技術をすべて注ぎ込んで製作します。

全日本製造業コマ大戦

公式サイトはこちら

2018年11月10日に開催された「神奈川県高校生コマ大戦」で
実際に使用された土俵と軍配

白銅が協賛する「神奈川県高校生コマ大戦」が開催されました。
藤沢工科高等学校チームが優勝!

お互いの検討を称えあい、次の大会に思いを馳せる参加高校生たち

11月10日(土)、神奈川県内の高校生が自作のコマを持ち寄り、その成果を競う「神奈川県高校生コマ大戦」が、横浜三井ビルディングで開催されました。本大会には白銅が協賛し、コマの材料も提供しています。高校生の大会は神奈川県では初めての開催でしたが、モノづくりの未来を担う高校生たちの戦いに応援にも熱が入りました。

〔参加校〕
川崎市  市立川崎総合科学高校(全日制、定時制)
     県立川崎工科高校、県立向の岡工業高校
横浜市  県立商工高校、県立神奈川工業高校
横須賀市 県立横須賀工業高校
藤沢市  県立藤沢工科高校
平塚市  県立平塚工科高校
小田原市 県立小田原城北工業高校

参加チームが工夫を凝らしたコマ。優勝チームが総取りできる!

参加した31チームが4つのブロックに分かれて予選リーグを行い、各ブロックの上位2チームずつが午後の決勝トーナメントに進みました。黒椙田ゆうじ氏によるユーモアを交えた実況は、時に観戦者の笑いを誘い会場を盛り上げていました。また、山崎詩郎氏がコマの特徴などを細かく解説してくださいました。

優勝/県立藤沢工科高等学校「藤工機械研究部コマ係」
準優勝/県立商工高等学校「神奈川商工A」
3位/県立神奈川工業高等学校「めろんパン」

決勝トーナメントは連続して2勝したチームが勝ち上がるルールです。緊張からか、自らコマを土俵外へ落としてしまうハプニングがあったりして、応援席も固唾を呑んで見守りました。午後3時過ぎ、ついに優勝チームが決定! 入賞した3チームには賞状と土俵が贈られました。

優勝した藤沢工科高校の小島君と
白銅・鈴木浩徳営業企画課長がエキシビションで対戦

みごと勝利し、戦利品の3D作成ゴマを手にした小島君

授賞式後に白銅が3Dプリンタで作成した中空のユニークなコマが紹介されました。さすがにモノづくりに情熱を傾ける高校生たち、会場からどよめきが起こり、モニターのコマに身を乗り出して見入っていました。最後に、優勝した藤沢工科高校とのエキシビションマッチが設けられましたが、3Dコマはあっけなく弾き出され、このコマも優勝チームの手に渡りました。
参加校同士の交流を深め、モノづくりの楽しさを実感してもらうという当初の目的を果たし、大会は無事に終了しました。

白銅は「コマ大戦」を応援しています!

日刊工業新聞社様の「ニュースイッチ」でも取り上げられました