自分が売りたい商品よりも、お客様が求めている商品を。お客様が困っていることを先回りして考え、期待を上回る提案ができるように心がけています。特注品営業部 特注品課 総合職

入社後の経歴

  • 2019年4月に新卒で入社し、社内各部署でOJT研修。
    2019年10月に特注品営業部 特注品課に配属、現在に至る。

インタビュー

写真:総合職
Q

現在の仕事内容について教えてください。

A

半導体・液晶パネル製造装置メーカーや空圧機器メーカーのお客様を担当し、特注品の供給を行っています。特注品というのは当社の在庫にはない商品で、「こういうものがないか?」というお客様からのご相談を受け、国内外のメーカーから探してきた商品をお客様に提案しています。すでに在庫がある標準品と比べ、いかにお客様のご要望を的確にキャッチし、ご要望にマッチした商品を提供できるかが求められる営業です。

Q

毎日の仕事で心がけていることはありますか?

A

注文に関するご相談を受けた際には、お客様が求めているものを最優先し、自分がお客様のためにできるご提案は何か?ご要望を100%満たせるのが難しいなら、どこまで100%に近づけられるのか?という目線でお客様と向き合っています。営業都合で「これを売りたい!」という気持ちが先行してしまっては、お客様の満足を得ることができません。常にお客様のご要望を先回りする姿勢があれば、自ずと営業としての結果がついてくる。これは上司のアドバイスですが、私もその通りだと思います。

Q

仕事に「やりがい」を感じるのはどんな時ですか?

写真:総合職
A

お客様のお悩みやご要望などに対し、自分が持っている知識・仕入先の情報をフルに活用して問題解決した時には、「ありがとう!助かったよ!」と感謝して頂けます。特注品のご提案においては、仕入先もまた同じくお取引先様でもあります。お客様と仕入先の間に入って商品をコーディネートするのは大きな労力が伴いますが、その分上手く調整ができた際には、営業マンとして大きな手応えを感じます。

Q

自分自身を自社の製品である金属やプラスチックに例えると?

A

自分自身を金属に例えると「SUS304」ですね。仕事をしていると楽しいことや、達成感を覚えることはたくさんありますが、それと同じくらい大変なこともあります。どんなに困難な時でも、耐食性の高いSUS304のように仕事に取り組みたいと思っています。

Q

白銅の魅力はどんなところですか?

A

人々の生活の基礎となる金属材料は、いわば社会を土台から支えている商品といっても過言ではありません。半導体を搭載したスマートフォン・PC・通信機器を見るたびに、半導体製造装置メーカーにアルミ材料を供給している自分の仕事と社会がつながっている実感を味わうことができます。そうした意義ある商品の提案を通じて、国内外のものづくりを支えることができるのが当社で働く何よりの醍醐味ではないでしょうか。

Q

志望する学生へメッセージをお願いします。

A

「人々の生活を支えたい」「社会の役に立ちたい」という志をもって仕事ができる方であれば、白銅はきっと存在意義を肌で感じられる会社だと思います。私は日々の営業活動において、常にお客様の立場で物事を考え、形あるモノではなく、提案力という無形の価値を提供することを大切にしています。これから一緒に働く皆さんとも、お客様ファーストの姿勢をわかちあい、お互いに切磋琢磨していけたらいいと思っています。

写真:片耳用ヘッドセット

仕事のうえでの必需品

■片耳用ヘッドセット

お客様先に行く際は車で移動することが多いですが、運転している間も営業モードはオンになっています。ハンドル操作中でもオフィスにいる時と同じようにお客様と話せるようにするため、常に片耳用ヘッドセットを持ち歩くようにしています。

ある一日のタイムスケジュール

写真:総合職
8:30
出社してメールのチェック
9:00
お客様対応、見積りフォロー
10:45
訪問資料(見積り・注文履歴など)準備
11:00
レンタカーで訪問先へ出発
12:00
訪問先の近くでランチタイム
13:00
訪問(1件目)調達担当の方と業況のお話と、今後の発注予定の確認
14:30
訪問(2件目)加工業者の方と打ち合わせ
16:00
訪問(3件目)加工業者の方と打ち合わせ
17:00
訪問中に連絡があったお客様への対応
19:00
レンタカーを返却し、本日は直帰

社員からのメッセージ