お客様に『白銅から商品を買いたい』と選ばれ、会社では『自分なしでは成り立たない』と頼りにされる存在になりたい。 特注品営業部 新規開発課 総合職

入社後の経歴

  • 2008年6月に中途入社、近畿・中四国営業課に配属。
  • 2013年4月、西日本ネットサービス推進課に異動。
  • 2013年10月、特注品営業部 新規開発課に異動、現在に至る。

インタビュー

写真:総合職
Q

現在の仕事内容について教えてください。

A

私が所属する特注品営業部 新規開発課では、お客様のニーズに合わせた新しい商品およびサービスの提案・企画・販売を手がけています。私は航空機業界を担当し、標準品のPRに加え、航空宇宙規格(AMS規格)材料の仕入れルートをお持ちでないお客様に代わってアメリカ、ヨーロッパからの材料調達などを行っています。扱う素材の数はアルミニウム合金、ステンレス、チタンを中心に常時30品目ほど、営業部全体では5,000品目にも及びます。海外とのやりとりも多く、エネルギッシュな部署です。

Q

仕事に「やりがい」を感じるのはどんな時ですか?

A

お客様から「白銅から買いたい!」と言っていただけた時に営業としての醍醐味を感じます。入社後、現在の部署に異動するまで5年間所属していた西日本営業部では、担当した地区の売上を大きく伸ばすことができました。私自身がお客様をよく知ること、そしてお客様には白銅の事をよく知っていただくことを心掛け、お客様の元に頻繁に足を運んでコミュニケーションを大切にしてきた結果、お客様から新たなお客様をご紹介いただくことも増え、売上の向上につながっていったのです。白銅に息づく“取引先との互恵関係を大切にする”精神のもと、お客様との間に信頼関係を築けたからこその成果だったと思います。

Q

今後はどんな仕事に携わってみたいですか?

写真:総合職
A

「自分抜きでは新規開発課は成り立たない」と社内で必要とされる存在になりたいです。 そして将来は“金属関係の専門商社”としてお客様により付加価値の高い製品をご提供するべく、航空機分野の材料調達を自社で行えるようにしていきたいと考えています。いつかは航空機業界の本場で、昔から憧れていたアメリカで仕事がしてみたいですね。

Q

自分自身を自社の製品である金属やプラスチックに例えると?

A

「A5052」という品番のアルミ合金です。アルミ合金の中でも最も一般的な材料なのですが、バランスがとれた性質という点が、専門分野に特化したプロフェッショナルであると同時に幅広いバランス感覚が求められる営業職を象徴しているように思えたので選びました。ですので、現在の自分というよりは営業職としての理想像です。

Q

白銅の魅力とはどんなところですか?

A

役職の上下や年齢を問わず社員同士の距離が近く、コミュニケーションがとりやすいところでしょうか。私自身、仕事上の困難にぶつかった時は上司や先輩に相談し、助言を仰ぐことにしています。また、チャレンジすることに前向きな社風も白銅のよさだと思っています。

Q

志望する学生へのメッセージをお願いします。

A

例えば一見金属とは無縁と思えるモノでも、それを生み出す機械は金属で作られています。つまり金属は“すべてのモノの生みの親”と言っても過言ではありません。その分野に携われるということは、とてもやりがいのある仕事です。ぜひ白銅で一緒に働き、成長していきましょう!

写真:モバイルパソコン

仕事のうえでの必需品

■モバイルパソコン

外出先からでもお客様からの引合い・受注状況がチェックできるように、営業中は常に持ち歩いています。

ある一日のタイムスケジュール

7:00
東京駅より新幹線に乗車
8:30
名古屋駅に到着
9:30
お客様と商談(1件目)
11:30
お客様と商談(2件目)
12:00
昼食:昼からの営業に備えガッツリ食べる。
昼食後にモバイルパソコンでお客様からの引合い・受注状況のチェック
13:30
お客様と商談(3件目)
14:30
お客様からの引合い・受注状況のチェック、お客様へのフォロー
16:00
お客様と商談(4件目)
17:00
お客様からの引合い・受注状況のチェック、お客様へのフォロー
18:00
翌日の営業地区の岐阜へ移動 ホテルにチェックイン
今日は早めに就寝

社員からのメッセージ