HOME > 商品・サービス > 技術用語 > プラスチック用語解説 あ~そ

プラスチック用語解説 あ~そ

  • あ~そ

アイゾット衝撃試験/Izod impact test
試験片の一端を固定し、振子式ハンマーで衝撃破壊した時の吸収エネルギー量を測定する試験法。切込みを入れる場合(ノッチ付)と入れない場合がある。強靭性の尺度として用いる。
圧縮降伏硬さ
圧縮試験において材料に圧縮荷重を加えたときの(圧縮降伏点)硬さ。
圧縮成形/compression molding
成形材料を金型のキャビティに入れ、一定時間高圧のもと加熱して成形する方法。主に熱硬化性樹脂成形に用いられ、直圧成形とも呼ばれる。
アニーリング/annealing
成形品に存在する残留応力を除去する目的で行なう熱処理。
安定剤/stabillizer
プラスチック加工時及び製品の使用期間中の劣化を防止するための物質。

入れ子/insert
キャビティやコアなどにはめ込まれる別部品。加工の難しい部分を入れ子にしたり、納期短縮のためにコアを分割して数台の機械で加工し、入れ子にして一体化したりする。
インサート成形/insert molding
プラスチック成形品に金属部品その他を埋め込む成形法。圧縮成形、トランスファ成形で応用例が多い。
インフレーション法/inflation molding
プラスチックフィルムの成形方法の一つで押出機で溶融した材料をチューブ状に押出し、この中に圧縮空気を送ってふくらませてフィルムを作る方法。この方法で作られたフィルムをインフレーションフィルムと呼ぶ。

ウェルド/weld
溶融樹脂の合流箇所でできる接合線で、外観及び強度的に欠陥となることがある。
打抜き/blanking
素材から所定の形状、寸法の平板を切り落としてそれを製品とする、外形抜きをする加工のこと。

FRP/fiberglass reinforced plastics
ガラス繊維などの強力な繊維を加えたプラスチックで、強度、剛性、耐熱性などの性質を向上させた複合材料。
エラストマー/elastomer
一般にゴム類のような弾性の顕著な高分子材料をいい、これに対しプラスチックのことを対比上プラストマー(plastomer)ということもある。
エンジニアリング・プラスチック/engineering plastics
工業部品やハウジングなどいわゆる工業用材料として用いられるプラスチックで強度、耐衝撃性、耐熱性、硬度、劣化性などに優れたプラスチック。中でも、PA、POM、PC、PBT、変性PPEが五大エンプラと呼ばれ工業用として多く用いられている。(略エンプラ)

押出し成形/extrusion molding
プラスチック成形材料を押出し機の中で加熱・可塑化させ流動状態にし、型から押出して成形する方法。

荷重たわみ温度/deflection temperature under load
熱変形温度ともいい、合成樹脂の耐熱性を評価する試験法の1つ。
試験法規格(試験法は ASTM D648、JIS 7191)で決められた荷重を与え、試料の温度を上げていき、たわみの大きさが一定の値になる温度で求めるが、曲げ弾性率が 2,514 kgf/cm2 =0.25 GPa または 10,000 kgf/cm2=1GPaになる温度で表す。
可塑剤/plasticizer
プラスチックに混ぜて製品に柔軟性を付与するために加えられる液状又は固体状の物質。
カレンダー加工
2~4本の熱ロールを組合せ一定の厚さに連続して圧延し、フィルムやシート状に成形する加工方法。
ガラス繊維強化グレード
ガラスを繊維化したものを混入させ、強度を増したもの。

キャビティ/cavity
成形品が形成される雌型と雄型の間の空間のこと。特に雌型の彫刻面をいうこともある。
強化プラスチック/reinforced plastics
FRP」の項を参照のこと。プラスチックが熱硬化性プラスチックの時はFRP、熱可塑性プラスチックの時は、FRTP(TPはThermo Plasticsの略)という。

ゲート/gate
金型のキャビティに樹脂材料を注入する入口のことで、湯口ともいう。
結晶性プラスチック/crystalline plastics
分子鎖が規則正しく配列された状態を結晶領域といい、この結晶領域の量の比率が高いもの(結晶化度の高いもの)をいう。PE,PP,PA,POM,PETなどが代表的な種類である。

コア/core
金型の可動側の製品部のこと。金型の製品部はキャビティとコアで構成される。一般にコアは成型品の裏側になり、突出し機構を備えている。
硬化剤/hardener
熱硬化性樹脂を硬化させる薬品のこと。
剛性/stiffness
曲げやねじりに対する抵抗度。プラスチックでは曲げ弾性率の大きいものが剛性が大きいという。
コポリマー/copolymer
2種類以上の異なったモノマー(単量体)を混合して重合することを共重合(copolymerization)といい、これによって得られた生成物のことをいう。共重合体とも呼ばれる。
コンパウンド/compound
プラスチックの用途に応じて充填材、可塑剤、着色剤、安定剤などを混合して成形に適するようにつくられた材料のこと。

ざらつき摩耗
2つの摺動面に硬度の高い微粒子がはさまって、研削材のように相手表面を掘り起こし摩耗することをいう。これは、塵や疲労現象を起こして剥離する疲れ摩耗粉、相手金属に見られる酸化・腐食摩耗粉などが原因と考えられる。

射出成形/injection molding
成形材料をシリンダー内で加熱して溶かし、閉じた金型の中に高圧注入し固化させることにより成形品を作る方法。
ショートショット/short shot
射出成形又は圧縮成形において成形材料が金型キャビティのすみずみまで行きわたらず、キャビティを完全に充填しきれない現象をいう。原因としては、成形条件によるもの及び金型の原因によるものなどが考えられる。
衝撃強さ/impact strength
曲げの荷重によって材料が破断するのに要するエネルギーを断面積で除した値で、kgf・cm/cm2の単位で示す。一般にこの値の小さい材料ほど脆い。
真空成形/vacuum molding
プラスチックフィルムやプラスチックシートなどを型の上にのせ、シートと型の間を真空にして型に圧着させて成形する方法。
自己消火性/self-extinguishing
炎に接すると燃えるが、炎を取り除いたとき自然に消火する性質のこと。自消性とも言われる。
充填材/filler
強さ、耐久性、作業性その他の性能を改善するため、又は価格を下げるためのプラスチックに加える比較的不活性な固体材料。

スーパーエンプラ
汎用のエンプラより、特に耐熱性が150℃以上あり通常のエンプラ同様に機械部品に適用可能なもの、あるいは特殊な機能を持っており、ある限定された用途に多く使用されているものをいうが、エンプラとの明確な区別はない。
ストレスクラッキング/environmental stress cracking
高分子材料が応力をうけている状態、または成形加工時のひずみが残留している状態で薬品類に接触するなど、ある種の雰囲気中におくと亀裂が生じたり、通常の大気中に比べ亀裂の発生が著しく促進されたりする。この様に外的環境によって応力下に起こる亀裂のことをいう。

積層品/laminate
1種あるいは2種以上の物質の薄板、シート又はフィルムを2枚以上貼り合わせ接着した製品で、ラミネートとも呼ばれる。紙、布、ガラス布などの基材に合成樹脂を含浸させた積層材料を金属板間又は金型中にて加圧、加熱して硬化させ一体成形品を作るものが広範に使用されている。その形状により、積層板、積層棒、積層管、一般積品及びラミネート紙がある。
脆化(ぜいか)温度/brittlness temperature
高分子材料は、その材料に特有な二次転移温度以上でも急激に外力を受けると破壊する。この現象を脆化といい、その時の温度を脆化温度という。二次転移温度は測定が困難なため、工学的には脆化温度が耐寒性の目安とされていることが多い。
絶縁抵抗/insulation resistance
絶縁体に電圧を加えたとき絶縁体の示す電気抵抗で普通絶縁された送電線、電気機械の巻線などに対し、これと地表との間に存在する電気抵抗をいい、オーム(Ω)又はメガオーム(MΩ)の単位で示す。
絶縁破壊強さ/dielectric strength
絶縁が破壊されるまでに要した電圧を試料の単位厚さで除した値で、一般にはKV/ミリの単位で示す。
接着剤/bonding agent
2つの物体を離れないように接合するために、その両物体の間に介在させる物質をいう。天然物質のデンプン系、タンパク質系、樹脂系、瀝青系など、また合成物質の熱可塑性樹脂系、熱硬化性樹脂系、合成ゴム系、これらの混合型などがある。

塑性変形/plastic deformation
弾性限界を超えた外力を加えた後に残る永久歪のこと。
ソルベントクラック/solvent cracking
材料に対して無荷重(無応力、無ストレス)ではほとんど影響を及ぼさない薬品でも、応力が内部または外部に存在した場合、その応力との相互作用により材料の成形品表面にクラックを生じさせる。このクラックのことをソルベントクラックといい、耐薬品性の物性として重要な性質である。