HOME > 商品・サービス > 技術用語 > 金属用語解説 な~の

金属用語解説 な~の

内部応力/internal stress
残留応力」の項を参照のこと。
ナマシ
適当な温度に加熱し、その温度に保持した後、徐冷する操作。その目的は残留応力の除去、硬さの低下被削性の向上、冷間加工性の改善、結晶組織の調整、所要の機械的、物理的又はその他の性質を得ることなどである。O材ともいう。
NO.1仕上げ
技術データ「ステンレスの表面仕上げ」を参照のこと。

熱間圧延/hot roll
圧延」の項を参照のこと。
熱間加工(H)
再結晶温度以上で行われる加工を熱間加工という。熱間圧延、熱間押出し、熱間鍛造などがある。
熱処理合金/heat-treatable alloy
アルミニウム合金の分類で焼入れ(溶体化処理)、焼戻し(人工時効硬化)などにより所定の強度を得る合金で、展伸材では2000番系、6000番系、7000番系の合金がこれにあたる。ただ、熱処理合金の場合でも熱処理後、さらに高い強度を得るために、冷間加工する場合がある。
通常、質別はF材、O材を除き、Tx、Txx、Txxxで表示される。「熱処理合金」←→「非熱処理合金
熱伝導率/thermal conductivity
距離1cmについて1℃の温度差がある場合に1cm2の断面を通って1秒間に伝わる熱量をいい、数値が大きいほど熱伝導性はよい。SI単位はワット パー メートル ケルビン W/(m・K)、W・m-1・K-1であり、W/(cm・K)、W/(m・K)、W・cm-1・K-1も使われる。

伸び(%)/elongation
引張試験において試験片が破断した時の伸びた長さを試験前の長さで割った百分率(%)。