HOME > 商品・サービス > 金属3Dプリンター造形サービス

金属積層とは?

試作開発において最高のパフォーマンスを発揮
開発スピードが向上することで、トータルコストが削減できます!!

  • 材料調達や金型製作の時間を省けます!
  • 最終製品がダイレクトに造形できます!
  • 複雑な形状も分割することなく一体構造化を実現できます!
  • 究極の多品種・少量生産ができます!

画像提供:3D Systems Corporation

金属・粉末積層造形イメージとは?

金属粉末をレーザービームで一層ずつ焼結する事によって高密度かつ高純度に造形します。

レーザー照射のイメージ

0.02~0.05mm の厚さで敷かれた粉末材料へレーザーを照射します。

テーブルが0.02~0.05mm下がり、上部に0.02~0.05mmの厚さで新たに粉末材料を敷いた後、レーザーで照射します。

0.02~0.05mm厚ピッチで1、2を繰り返し積層していきます。

機械からベースプレートに付いた状態で取出します。

電気炉で内部のひずみを取り除きます。

ワイヤーカットで切断し完成!

※上記のイメージはマルエージング鋼の場合です。

3Dプリンターによる金属製品の受託に関するお問合せ窓口 3Dプリンターによる金属製品の受託に関するお問合せ窓口 お問い合わせフォームはこちら

金属3Dプリンター造形サービス